メンタルヘルス対策の入り口

メンタルヘルス対策の入り口

スポンサードリンク

メンタルヘルス対策としては、通常の身体に関わる健康診断に加えて心の健康診断を行なうことで、従業員の心の健康状態を把握するところからはじめる必要があります。

 

実際に、メンタルヘルス不全状態で、本人としてもどうして良いか分からず、職場に出勤できない状態が続いている方が増えていると言われています。
俗な言い方をすると、出社拒否者ということになりますが、「嫌なら辞めたら?」という簡単な問題ではなくなってきています。
というのも、セクハラ、パワハラという差別的な問題も大きなことですが、人材=人財であり、労働者のメンタルヘルスをもしっかりとサポートし、よりよい職場環境をつくることで作業効率を上げたり、より良い成果につなげていくことが理想とされています。

 

そこで、国としてもメンタルヘルス対策として、メンタルヘルスのための研修を行ったり、チェック・シートを作成して、各職場でのチェックを推進しています。
国の諮問機関や民間企業によるメンタルヘルス支援が行われる中、ガイドブックなどでノウハウを説いたものも出現しています。
これらを用いて、あってはならないメンタルヘルス不全者の存在を少しでも減らそうというのが大きな狙いです。

 

うつ病のきっかけと言えば、その原因はどんなことにあるのか分からない時代になりました。
というのも、年代のギャップばかりではなく、市場に出回る膨大な情報の波に飲まれて自分自身を失う方が急増していることも背景としてはあるでしょう。

 

昔なら、まずは一杯飲んでみろで解決できたようなことが、その事自体強要されているという強迫観念があるというのですから、時代の変化がメンタルヘルスを複雑にしているとも言えそうです。

メンタルヘルス対策の入り口についての情報

スポンサードリンク