メンタルヘルスをマネジメントする

メンタルヘルスをマネジメントする

スポンサードリンク

メンタルヘルスマネジメントとは、メンタルヘルスをケアしていくことを意味します。

 

事業者は、労働者に対して、労働をしてもらう代わりに給与を支払うことで、その関係が成立しています。
機械なら、スイッチ一つで自由に扱うことができますが、労働者は生身の人間です。

 

メンタルヘルス、精神的な安定を職場環境に作ることで、労働者同士、事業者との円滑な関係を結ぶためにメンタルヘルスをマネジメントすることを国が義務化しようとしています。
この背景には、健全なメンタルヘルスを保つことができない労働者の急増があります。
そこで、しっかりとしたメンタルヘルスの知識を養うため、メンタルヘルスマネジメント検定試験などが存在します。
これは、いざメンタルヘルスについての問題が起きた時の対処の仕方がわかる内容になっています。

 

事業者本人、またはメンタルヘルスマネジメントの有資格者を雇うことで、円滑な職場環境を作ることができます。
今の人たちはこういうことを考えていることが理解できるようになるのですが、時代は変わったな、と懐古的になるだけではなく、ではこれからどうしようという建設的で前向きな考え方、職場を作っていく事ができます。
そんなことはどうでもよいという時代ではなくなってきたことから、我が社でもしっかりと労働者に対してのメンタルヘルスマネジメントをしないといけない時なのでしょう。

 

メンタルヘルスが良い状態に保っていてもらうためには、努力が必要ということです。
人間をマネジメント、無縁でないことです。

メンタルヘルスをマネジメントするについての情報

スポンサードリンク