職場でのメンタルヘルス

職場でのメンタルヘルス

スポンサードリンク

職場でのメンタルヘルスと言えば、なんでも相談ができる上司等の存在の有無が大きな鍵になります。

 

しかし、最近では職場は職場、人間関係については、感情を持ち込まない、持ち込みにくい場合が多くなっています。
というのも、プライベートと職場の混同を嫌う若者たちが多いのも一つです。

 

セクハラやパワハラといったことは、以前からあったことなのですが、たいていは被害者が泣き寝入りで、なあなあで済ませていたことがあります。
最近ではそうしたことの相談先が、外部の人間だったり、関係のない方面の指摘などで、職場内部の統制がとれていないこともあります。

 

メンタルヘルスに関しても、精神科医に相談の前に、職場内でのメンタルヘルスの研修なドを通す形で、労働者個人の精神面のバックアップも必要とされています。
相談相手は、上司というのではなく、専属の医師や保健婦を置くことで、職場内のなあなあ主義の一掃、個人情報の遵守など、プライベートは守るといったことも必要になってます。

 

こんな面倒なこと?という方もいらっしゃいますが、その方が何かと問題が起こった時には、対処しやすいとも言えます。
根性論で何事も行なうことが難しい世の中、こうした方法での職場内の人間関係などでのメンタルヘルス不全の解決ができるとされているようです。
人間関係が希薄になってきたと言うのは、ここ最近のことではなく、世代の違いから起こる問題や考え方の多様化によって、メンタルヘルスをめぐる問題もいろいろあるということなのでしょう。

職場でのメンタルヘルスについての情報

スポンサードリンク